保湿効果 の記事一覧 |育毛剤徹底比較サイト-薄毛対策研究所

保湿効果

育毛剤の成分の中で、頭皮の保湿などにつながるような成分の一覧です。
頭皮は非常にデリケートな場所のため、乾燥や刺激によって、炎症を起こしたり、頭皮が硬くなったり、フケの原因となったりすることで毛母細胞や毛乳頭の活動を鈍化させてしまいます。
頭皮のしっかりと保湿し柔軟性を保つことで、育毛につながります。

イノシトール

イノシトールとは グルコースから合成される糖アルコールの一種であり、ビタミン様物質に分類される成分。植物では穀物の糠部分や果実、豆に多く組まれているほか、人体では細胞膜に多く含まれており、神経細胞の働... >>続きを見る

海洋深層水

海洋深層水とは 深度200メートル以深の深海より取水される水。表層部にある海水とは異なり、光が届かない深いところから取水されるため、温度が一定で微生物や細菌類などの影響も受けにくく、同時に環境汚染の影... >>続きを見る

リシン(リジン液)

リシン(リジン液)とは リシンとは、生体内で合成されない必須アミノ酸であり、食事などで摂取する必要がある成分である。牛乳に含まれるたんぱく質から発見された成分で、食品では豆や肉、魚に多く含まれる。別名... >>続きを見る

1,2-ペンタンジオール

1,2-ペンタンジオールとは 多価アルコールの一種で、水にも油にもよく溶け、保湿力が高い成分。別名ペンチレングリコール。石油などから化学合成されるほか、天然由来のものもある成分である。 べたつきなくサ... >>続きを見る

クララエキス-1

クララエキス-1とは クララとはマメ亜科の多年草で、クララエキスとはその根から抽出されたエキス。クララの根は非常に強い苦味が特徴で、生薬名「苦参(くじん)」として漢方薬としても利用されている。 漢方薬... >>続きを見る

DPG

DPGとは DPGとは別名「ジプロピレングリコール」とも呼ばれる水溶性の多価アルコールである。石油から合成される成分であり、水にも油にも溶けやすい性質をもつ。 DPGは、保湿剤として使用されていたPG... >>続きを見る

加水分解コラーゲン末

加水分解コラーゲン末とは コラーゲンとは、人間や動物の皮膚や軟骨、骨や靭帯などを構成するタンパク質の一種であり、細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。加水分解コラーゲンとは、分子量の大きいコラ... >>続きを見る

コラーゲン

コラーゲンとは 人間を含む脊椎動物を構成するタンパク質の一種。皮膚や髪、関節、腱、筋肉などに多く含まれている。体内にある様々な組織を結びつける細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。 年齢を重ね... >>続きを見る

黒砂糖

黒砂糖とは サトウキビの絞り汁である粗糖液を煮詰めて作る、黒褐色の砂糖。粗糖液から糖蜜を分離させて作る純度の高い白砂糖に比べ、黒砂糖には糖蜜が含まれているため、主成分である糖分の他にカリウム、鉄、カル... >>続きを見る

アラントイン

アラントインとは 牛の羊膜分泌液から発見された成分で、人間(霊長類のヒト上科)以外の多くの哺乳類は代謝の過程で生成している成分。穀物の胚芽やタバコの種子、コンフリー(ヒレハリソウ)の根などの植物にも存... >>続きを見る

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムとは ヒアルロン酸の水酸基の一部をアセチル基に置き換えた成分で、ヒアルロン酸の約2倍の水分保持力と保湿力をもつヒアルロン酸。「スーパーヒアルロン酸」とも呼ばれている。 ... >>続きを見る

フラーレン

フラーレンとは 炭素のみから構成される非常に安定した物質で、水や有機溶媒に溶けにくい性質をもつ。炭素原子60個がサッカーボールのように結合した成分が最初に発見され、医薬品や化粧品、電子材料など多くのも... >>続きを見る

ビオチン

ビオチンとは ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれる水溶性ビタミンで卵黄から発見された。食品ではくるみやレバー、牡蠣などに多く含まれている。 アトピー性皮膚炎などの皮膚炎を予防する効果する抗炎症・抗アレ... >>続きを見る

アロエベラ葉エキス

アロエベラ葉エキスとは アロエベラは、アラビア半島、北アフリカ周辺が原産地と考えられているアロエ属多肉植物の一種。アロエベラ葉エキスは、アロエベラの葉から抽出されたエキス。 古くから民間薬として利用さ... >>続きを見る
次のページ »

成分図鑑カテゴリー

薄毛解消コラム