DPG|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

DPG

DPGとは

DPGとは別名「ジプロピレングリコール」とも呼ばれる水溶性の多価アルコールである。石油から合成される成分であり、水にも油にも溶けやすい性質をもつ。

DPGは、保湿剤として使用されていたPG(プロピレングリコール)がふたつ繋がった構造をしている。PGはもともと表示指定成分であり、敏感肌やアレルギー体質の人は炎症を起こす可能性が高い成分として刺激性が認められていた成分であったため、これに代わる成分としてDPGの利用が近年増えてきている。PGよりも分子量を大きくすることで、刺激性を緩和している。

保湿効果があるほか、抗菌作用や収れん効果があるとして化粧品に配合されている。数ある保湿成分の中ではべたつきが少ないのが特徴で、化粧品の伸びや感触をよくするのにもつかわれる。

育毛剤としての効果

保湿効果があり、地肌に潤いを与えて乾燥を防ぐことで、頭皮のフケ・痒みなどを防ぐ効果が期待できる。

また抗菌作用もあるため、製品を安定させる効果もある。

成分の注意点

敏感肌の人は、炎症や痒みがでることもあるので注意が必要。肌が弱い人やかぶれやすい人は、使用前にパッチテストをしたほうが良いでしょう。

薄毛解消コラム