毛母細胞活性作用 の記事一覧 |育毛剤徹底比較サイト-薄毛対策研究所

毛母細胞活性作用

育毛剤の成分の中で、髪の毛の元になる毛母細胞(細胞分裂)の活性化につながるような成分の一覧です。
毛母細胞は髪の毛の元となる細胞で、毛乳頭から受け取った栄養や酸素を元に、細胞分裂をすることで髪の毛を作る細胞です。
髪の毛が長くなるのは毛母細胞が細胞分裂を繰り返されるからで、その細胞分裂の頻度の違いで「成長期」、「退行期」、「休止期」があり、40回~50回の程度の分裂で寿命を終えます。

褐藻エキス

褐藻エキスとは 褐藻とはもずくやわかめ、昆布などの褐色をした海藻のことで、ネバネバしたぬめりが特徴的な藻類植物である。保湿効果のあるフコイダンのほか、アミノ酸、アルギン酸、カラギーナン、糖類などの成分... >>続きを見る

酵母エキス

酵母エキスとは 酵母とは主として単細胞である菌類で、パンやワイン、ビールなどの食品の製造にも使われるアルコール発酵をする微生物である。酵母エキスとは酵母の成分を自己消化や熱水などで抽出されたエキスで、... >>続きを見る

クロレラエキス

クロレラエキスとは クロレラとは、湖沼や湿地などの淡水の水辺に生息する単細胞緑藻類の総称。体長2〜10μmと非常に小さい植物プランクトンだが葉緑素をもっており、光合成を行う事により栄養を摂取している。... >>続きを見る

サクラ葉抽出液

サクラ葉抽出液とは バラ科の落葉広葉樹であるサクラは、日本の文化に深く影響をあたえている花である。サクラは北半球の温帯地域に広く分布しているが、美しい花が咲く種は日本を中心とした一部でしか見られず、通... >>続きを見る

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3とは 4つのアミノ酸を骨格として3つのペプチドと結合しているペプチド化合物で、細胞外基質(細胞外マトリックス)の生産を助ける効果が期待されています。 ペプチドとはアミノ酸が複... >>続きを見る

成分図鑑カテゴリー

薄毛解消コラム