アラントイン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

アラントイン

アラントインとは

牛の羊膜分泌液から発見された成分で、人間(霊長類のヒト上科)以外の多くの哺乳類は代謝の過程で生成している成分。穀物の胚芽やタバコの種子、コンフリー(ヒレハリソウ)の根などの植物にも存在するほか、カタツムリの粘液にも含まれる。また、尿素から人工的に合成することも可能。

水に溶けにくいのが特徴の白い粉末だが、アルカリ性下では分解されてしまうため、酸性で使う必要がある。

傷の回復を促進する効果があるとされ、化粧品・ヘアケアアイテムなどに配合されている他、湿疹やニキビなどに効果があることから、医薬品にも配合されている。

育毛剤としての効果

頭皮を形成するコラーゲンやエラスチンの生成する細胞の分裂を促進する効果があり、頭皮に潤いや弾力をあたえる効果がある他、角質などの古い細胞の新陳代謝を促進する効果があることから、頭皮を健康的に保つ効果が期待できる。

また、肌荒れや炎症を防止するだけでなく、できてしまった炎症の回復を助ける働きがあり、加えて抗アレルギー作用があることから、頭皮トラブルを防いで育毛環境を整える効果もあると言われている。

成分の注意点

傷薬や軟膏、目薬などの医薬品にも配合されている成分であり、安心して利用できるといえる。副作用の心配はいらないでしょう。

薄毛解消コラム