抗炎症作用 の記事一覧 |育毛剤徹底比較サイト-薄毛対策研究所

抗炎症作用

育毛剤の成分の中で、頭皮の炎症沈静化などに効果がある成分の一覧です。
頭皮環境の乱れとして、頭皮に炎症が起こるとかゆみや湿疹が発生します。
かゆみは湿疹は、手でかきむしったり、シャンプー時に傷つけて、悪化させてしまうことがあるため、多くの育毛剤に対処療法として炎症を抑える成分が含まれています。

ユキノシタ

ユキノシタとは ユキノシタ科ユキノシタ属の植物。雪が降り積もって枯れずに育ち続けることが名の由来。 日本では園芸・ガーデニングで育てられる植物であり、葉は一年を通して味わえる山菜としても知られ、お浸し... >>続きを見る

アラントイン

アラントインとは 牛の羊膜分泌液から発見された成分で、人間(霊長類のヒト上科)以外の多くの哺乳類は代謝の過程で生成している成分。穀物の胚芽やタバコの種子、コンフリー(ヒレハリソウ)の根などの植物にも存... >>続きを見る

カンフル

カンフルとは クスノキから得られる精油成分で、樟脳(しょうのう)・カンファーとも呼ばれる。クスノキから抽出される他、化学合成もされている成分であり、無色または白色半透明の結晶が特徴。固体からいきなり気... >>続きを見る

キナエキス

キナエキスとは キナは、アカネ科キナ属の常緑広葉樹で南米アンデス山地原産の樹木である。繁殖力が非常に強く、生態系に大きく影響を与えている外来種として危惧されている一面もある。 キナエキスはキナの樹皮か... >>続きを見る

ラベンダー油

ラベンダー油とは ラベンダーはシソ科の植物で多くの品種が存在しており、近縁種や交雑種も含め総称的に使われる。 ラベンダー油は、主にラベンダーの花から水蒸気蒸留法などで芳香物質のみを抽出したもので、フロ... >>続きを見る

ヒノキチオール

ヒノキチオールとは タイワンヒノキから発見された、化学的に非常に珍しい7環構造をしたフェノール系の物質。日本国内ではヒバ、クロベなどの樹木から抽出できる成分。 優れた殺菌力や抗菌力があり、低濃度でも多... >>続きを見る

マツエキス

マツエキスとは マツエキスは、セイヨウアカマツ(ヨーロッパアカマツ)の球果(松ぼっくり)から抽出されたエキスです。 セイヨウアカマツは、ヨーロッパから北アジアに広く分布する常緑針葉の一種であり、木部は... >>続きを見る

ゴボウエキス

ゴボウエキスエキスとは ゴボウはキク科の多年草の植物で日本では根を食用としてる野菜ですが、世界的には漢方薬として根や種の部分を利用する使い方が一般的で、野菜として食べる習慣はあまり見られません。 ゴボ... >>続きを見る

ビワ葉エキス

ビワ葉エキスとは ビワはバラ科の常緑高木で、その葉は古くから民間療法として利用されてきました。 その歴史はインド発祥と言われ、日本や世界各国で民間薬として利用されています。 日本では葉を乾燥させてビワ... >>続きを見る
次のページ »

成分図鑑カテゴリー

薄毛解消コラム