ビオチン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

ビオチン

ビオチンとは

ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれる水溶性ビタミンで卵黄から発見された。食品ではくるみやレバー、牡蠣などに多く含まれている。

アトピー性皮膚炎などの皮膚炎を予防する効果する抗炎症・抗アレルギー作用のほか、皮膚細胞を活性化させて代謝を促し、皮膚状態を正常にする効果がある。また、コラーゲンやセラミドなど皮膚の潤いを保つ成分の合成を高める効果もあり、美肌成分としてサプリメントや化粧品などでも利用されている。

さらに、糖代謝、脂肪代謝、アミノ酸代謝など生体代謝の補酵素として多くの働きをもち、糖尿病の治療薬としても利用されている。

育毛剤としての効果

脂肪や糖などの代謝と関係が深く、血液をサラサラにして血流をよくする効果があり、毛乳頭に栄養を送り毛母細胞を活性化させることで発毛を促進し、抜け毛を防ぐ効果が期待できる。

保湿成分でもあるコラーゲンやセラミドなど、皮膚の潤いを保つ成分の合成を促進する効果もあり、頭皮の乾燥を防ぐことで頭皮トラブルを予防する。

また、アミノ酸代謝を助ける効果があり、髪や皮膚の成分であるタンパク質の合成にも深く関係があることから、髪の成長を助ける効果が期待できる。

成分の注意点

口にしている成分でもあり、代謝にも深く関わりのある成分なので安心して利用することができるといえる。

薄毛解消コラム