血行促進作用 の記事一覧 |育毛剤徹底比較サイト-薄毛対策研究所

血行促進作用

育毛剤の成分の中で頭皮の血行促進につながる成分の一覧です。
毛母細胞に栄養や酸素を運ぶ毛乳頭は頭皮の毛細血管から、その栄養や酸素を供給されています。
そのため、頭皮の血行が悪くなると、毛乳頭からの栄養が毛母細胞に届かず、細胞分裂が鈍くなり、薄毛の原因になってしまいます。

フィチン酸

フィチン酸とは ビタミンBの仲間であり、イノシトールにリン酸が結合することによって作られる成分。おもに米ぬかやトウモロコシから生成される。熱や酸に弱く、強力な排泄作用を持ち、毒素を体内から排出させる効... >>続きを見る

カンフル

カンフルとは クスノキから得られる精油成分で、樟脳(しょうのう)・カンファーとも呼ばれる。クスノキから抽出される他、化学合成もされている成分であり、無色または白色半透明の結晶が特徴。固体からいきなり気... >>続きを見る

ビオチン

ビオチンとは ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれる水溶性ビタミンで卵黄から発見された。食品ではくるみやレバー、牡蠣などに多く含まれている。 アトピー性皮膚炎などの皮膚炎を予防する効果する抗炎症・抗アレ... >>続きを見る

シリカ

シリカとは シリカとは二酸化ケイ素、または二酸化ケイ素によって作られている化合物の相称で、自然界は鉱物として地殻に大量に含まれるほか、生物や人間の体内にも存在している。 生体内では毛髪・爪・血管・骨・... >>続きを見る

トウキエキス

トウキエキスとは トウキ(当帰)はセリ科の多年草であり、日本や中国などに生息する植物である。漢方薬として広く知られており、根を乾燥させたものは血の巡りをよくする効果があるとして、冷え性解消、鎮痛、鎮静... >>続きを見る

ドクダミエキス

ドクダミエキスとは ドクダミとはドクダミ属の多年草で別名ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)などともいわれる。独特の臭いと強い繁殖力が特徴で、生薬名「十薬」として漢方薬としても利用されている。 ... >>続きを見る

ジオウエキス

ジオウエキスとは ジオウは、ゴマノハグサ科の多年草で中国を中心に日本や朝鮮半島に生息する植物である。生薬として広く知られており、止血効果や糖尿病、皮膚の乾燥やかゆみ、前立腺肥大、婦人病予防の漢方薬とし... >>続きを見る

セファランチン

セファランチンとは ツヅラフジ科の植物であるタマサキツヅラフジから採取した有機化合物で、医薬品として使われています。 主に、放射線治療などで白血球が減少した時や円形脱毛症の治療薬として使われています。... >>続きを見る

ショウキョウエキス

ショウキョウエキスとは ショウキョウとは生姜のことをいい、漢方では生の生姜をショウキョウ、蒸してから乾燥させた生姜をカンキョウと呼びます。 生姜は、ミョウガやウコンと同じショウガ目の多年草であり、温暖... >>続きを見る
次のページ »

成分図鑑カテゴリー

薄毛解消コラム