グリシン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

グリシン

グリシンとは

グリシンは、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形であるアミノ酢酸で、体内で合成できる非必須アミノ酸の一種です。

人体ではコラーゲンに多く含まれており、食品では豚肉や鶏肉、牛肉などの肉類やホタテやエビなどの魚介類、大豆製品に多く含まれています。

血管を拡張させる効果があり、体温が上がることで睡眠の質が高まるとして、睡眠サプリとしても利用されています。

他にも抗菌効果、有害物質排出するキレート作用、酸化防止効果があります。

身近な製品では保湿剤、柔軟剤として各化粧品に用いられるほか、食品の保存料、抗菌薬など多くの製品に配合されています。

育毛剤としての効果

血管拡張作用があり、血行を促進する効果があります。

頭皮の血流をよくすることで頭皮の代謝が活性化され、毛乳頭に十分な栄養を行き渡らせ抜け毛を防ぐことができます。

また、頭皮の酸化を防いで細胞を活性化させるアンチエイジング効果や、潤いを与える保湿効果、菌の増殖を抑える抗菌効果もあることから、頭皮の環境を整えながら育毛剤の効果を高めることが期待できます。

成分の注意点

髪の毛や肌を構成するアミノ酸の一種なので刺激の少ない物質です。

問題なく利用できる成分といえるでしょう。

薄毛解消コラム