コメヌカスフィンゴ糖脂質|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所 > 成分図鑑 > 保湿効果 > コメヌカスフィンゴ糖脂質

コメヌカスフィンゴ糖脂質

コメヌカスフィンゴ糖脂質とは

コメヌカスフィンゴ糖脂質とは米ぬかから抽出された成分で、セラミドと糖が結合した「スフィンゴ糖脂質」のことである。コメヌカスフィンゴ糖脂質は米由来の複数のセラミドの総称であり、別名コメセラミドとも言う。

セラミドとは人間の肌に含まれている成分で、角質層で細胞間のすき間を満たし、細胞どうしや水分・油分などをつなぎとめている成分。細胞が何層にも重なってている角質の細胞間脂質のうち、約半分の割合を占めている成分であり、肌を乾燥から守り、外部からの刺激を防ぐバリア機能を高める成分である。米ぬかには人間の肌のセラミドと似た構造のスフィンゴ糖脂質が含まれており、保湿効果がある。

またコメヌカスフィンゴ糖脂質脂には肪燃焼効果や免疫力増加作用があり、食品添加物としても利用されている。

育毛剤としての効果

頭皮の角質層の潤いを保つ効果があることから、頭皮を乾燥から守り頭皮のバリア機能を高める効果があるといえる。フケ・痒みなどの頭皮トラブルも防ぐことができるほか、健康な髪が生えるための下地づくりに効果的。

成分の注意点

口にしている植物由来のセラミドのため、安心して利用することができる成分といえる。米や米ぬかにアレルギーを持つ人は注意が必要。

薄毛解消コラム