塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所 > 成分図鑑 > 血行促進作用 > 塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)

塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)

塩酸ジフェンヒドラミンとは

塩酸ジフェンヒドラミンは、抗ヒスタミン薬として一般的によく知られている成分です。

くしゃみや鼻水などを引き起こす原因である「ヒスタミン」の働きを抑える効果があるとして、風邪薬や鼻炎薬として利用されています。

また、ヒスタミンは湿疹やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー疾患におけるかゆみの原因でもあることから、塩酸ジフェンヒドラミンは皮膚炎やかゆみの薬としても利用されています。

さらに、強い鎮静作用をもつことから、催眠薬にも配合されることがあります。

育毛剤としての効果

頭皮の痒みや炎症を抑え、血行を促進させる効果があります。

AGA以外の薄毛の原因として大部分を占めるのは頭皮トラブルであるため、頭皮の状態を正常に保つことは、抜け毛を予防するポイントとなります。

荒れた頭皮の炎症や痒みを抑えながら血流を活発にすることにより、毛乳頭に十分な栄養を届けるのにも効果的といえるでしょう。

成分の注意点

服用した場合、眠気や倦怠感などを感じる他、重篤な場合アナフィラキシー症状がおこります。

塗布する場合は、稀に皮膚が腫れたり赤くなって痒みが現れる場合があります。

アレルギーなどを持っている人は、特に注意して利用するようにしましょう。

薄毛解消コラム