ラベンダー油|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

ラベンダー油

ラベンダー油とは

ラベンダーはシソ科の植物で多くの品種が存在しており、近縁種や交雑種も含め総称的に使われる。

ラベンダー油は、主にラベンダーの花から水蒸気蒸留法などで芳香物質のみを抽出したもので、フローラルな香りが特徴の精油。香りにストレスを和らげる効果があることから、ポプリやハーブティーなどに用いられるほか、直接塗布できる例外的な精油として人気がある。殺菌効果や消炎効果があり、虫刺されや火傷、ニキビや虫よけの民間薬としても古くから利用されてきた。

また、近年ではタイム、ローズマリー、シダーウッドの精油と合わせたブレンド油が円形脱毛症に効果がある可能性があるとして、研究が進められている。

育毛剤としての効果・役割

消炎効果・殺菌効果があり、頭皮のフケ・痒み・炎症など頭皮トラブルを防ぐほか、すでにある頭皮の炎症を早く治すのにも効果を発揮する。皮脂分泌を正常にすることで、頭皮のベタつきを防ぎ育毛環境を整える効果も期待できる。

また、香りににはリラックス効果があるとされ、血流を良くしてホルモンバランスを整えることにより頭皮に栄養が行き渡りやすい環境を助ける効果もある。

成分の注意点

毒性や刺激の少ない精油で、安心して利用できるといえる。

まれに、痒みやかぶれといったアレルギー反応がでる場合もあるため、不安な場合はパッチテストを行ってから使用しましょう。

薄毛解消コラム