ユキノシタ|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

ユキノシタ

ユキノシタとは

ユキノシタ科ユキノシタ属の植物。雪が降り積もって枯れずに育ち続けることが名の由来。

日本では園芸・ガーデニングで育てられる植物であり、葉は一年を通して味わえる山菜としても知られ、お浸しや天ぷらなどで味わうことができる。

葉の形状から中国では「虎耳草」と呼ばれ、漢方薬としての歴史も長い。中耳炎の炎症を抑える薬として有名であり、その他には火傷などの炎症をおさえたり、健胃、解熱、鎮痛などに効果がある生薬である。

育毛剤としての効果

抗酸化作用に優れており、紫外線を浴びることにより発生する活性酸素を抑え、頭皮の老化を予防する。また、アルブチンにはメラニンの生成を抑えて健康的な皮膚の生成を促す効果があることから、頭皮のアンチエイジングケアを行う役割を担う。

ストレスなどが原因となって滞りがちな頭皮の新陳代謝を正常に近づける効果もあり、頭皮自体を健康にする役割も持つ。頭皮ケアを充実させることにより、抜け毛を減らし、発毛を促す効果が期待できる。

さらに、抗炎症作用によって傷ついた頭皮をいたわる効果もあるといえる。

成分の注意点

副作用やアレルギー症状の事例が特にない成分。安心して使用できる成分と言える。

薄毛解消コラム