ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所 > 成分図鑑 > 血行促進作用 > ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

ナイアシンアミドとは

ナイアシンとはビタミンB3(ニコチン酸)のことであり、ナイアシンアミドとはビタミンB3のアミド化合物。ビタミンB群であり、水によく溶け、食品ではレバー、カツオ、エリンギやピーナッツに多く含まれている。体内で合成される場合は、必須アミノ酸であるトリプトファンから合成される。

神経組織を正常に働かせる効果があり、ナイアシンアミドが不足するとうつ病や精神統合失調症などが起こるとされている他、二日酔いなどアルコールの代謝にも関係している成分である。

また、糖代謝や脂肪代謝、アミノ酸代謝など生体代謝の補酵素として多くの働きをもち、これによって皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果もある。ニキビ跡や色素沈着にも効果があるとして、スキンケア化粧品にも利用されている。

育毛剤としての効果

脂肪や糖などの代謝と関係が深く、血液をサラサラにして血流をよくする効果があり、毛乳頭に十分な栄養を送り、抜け毛を防ぐ効果が期待できる。また、毛母細胞を活性化させることで発毛を促進し、育毛サイクルを整える効果も期待できる。

成分の注意点

日常的に口にしている成分でもあることから、安心して利用することができるといえる。服用する場合は、大量に摂取すると血管拡張作用によって顔面の紅潮、頭痛、皮膚の痒みなどの症状が起こる場合がある。

薄毛解消コラム