キャピキシル|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

キャピキシル

キャピキシルとは

カナダの化粧品会社、LUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤーコスメティクス)社で開発された育毛成分です。

キャピキシルは「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」の二つを混合した成分で、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼの阻害と毛包の活性化に有効とされています。

その育毛効果は、ミノキシジルの3倍あると言われています。

育毛剤としての効果

「アセチルテトラペプチド-3」により発毛を促し、「アカツメクサ花エキス」により抜け毛を防ぎます。

アセチルテトラペプチド-3はアミノ酸の結合体で、細胞外基質の修復作用をもち、毛髪周辺の細胞を活性化させることで毛包への固定力が高まり発毛につながります。

アカツメクサ花エキスは脱毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、男性型脱毛症(AGA)を防ぎます。

脱毛をおさえつつ、発毛を促すことで相乗効果により高い育毛効果が期待できます。

成分の注意点

比較的新しく、副作用等の報告はまだされていない成分ですが、アミノ酸と植物由来エキスなどが主であることから、安全性は非常に高いと言えます。

他の薬が合わなかった人でも安心して利用できる育毛成分といえるでしょう。

薄毛解消コラム