レシチン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

レシチン

レシチンとは

脂質の一種で動植物のあらゆる細胞中に存在しており、生体膜の主要構成成分。リン脂質を含む総称で原料によって分類されており、大豆由来の大豆レシチン、卵黄由来の卵黄レシチンが多く利用されている。

人体においては生理機能を担ったり、神経伝達物質として脳や体に刺激を与えるほか、脂質の代謝にも関係している。血中コレステロールや中性脂肪を低下させ、記憶力や学習能力を高める効果があるといわれており、サプリメントとしても販売されている。

水と油の両方の性質を併せ持っており、乳化剤として利用されている。食品添加物としてマヨネーズ、マーガリン、チョコレートなど脂肪分を多く含む食品や化粧品や医薬品の乳化剤として利用されている。

育毛剤としての効果

保湿性を高めて、ハリ・弾力ある頭皮にして育毛成分が浸透しやすくする効果が期待できる。べたつきが少なく、すべすべした感触で使用感もよいことから、髪の毛をコートし抜け毛原因にもなる静電気を防ぐ効果もある。

また、育毛剤を安定させる効果もあり、他の成分と組み合わせることによって安定度が増す。

成分の注意点

卵黄や大豆など、アレルギー物質とされる成分が由来となっているのでアレルギーがある人は注意が必要。

薄毛解消コラム