トコフェロール酢酸エステル(酢酸トコフェロール)|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所 > 成分図鑑 > 血行促進作用 > トコフェロール酢酸エステル(酢酸トコフェロール)

トコフェロール酢酸エステル(酢酸トコフェロール)

トコフェロール酢酸エステルとは

トコフェロールとはビタミンEの総称であり、トコフェロール酢酸エステルとはα―トコフェロールを酢酸エステル化して得られる合成ビタミンEの事である。

トコフェロール(ビタミンE)には抗酸化作用があり、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きにより、細胞の酸化や動脈硬化や生活習慣病の予防などに効果が期待されている。

トコフェロール酢酸エステルは油分に溶ける性質があるため、化粧品やベビーオイルに利用される他、ビタミンE欠乏症の予防薬や抹消循環障害の薬としても利用されている。

育毛剤としての効果

抗酸化作用によって頭皮の細胞の老化を防ぐほか、抗炎症作用によって頭皮の炎症を防ぎフケ・痒みを予防する効果がある。頭皮を清潔に保ち、育毛環境を整えるのに役立つ成分といえる。

ビタミンEには血中の過酸化脂質の生成を抑える効果があり、血液がドロドロになるのを防いで健康的な血液を送ることができる。また、血行を促進する効果もあり、髪に栄養を送っている毛乳頭に十分な栄養を届ける効果が期待できる。

成分の注意点

医薬品としても利用されており、重大な副作用も報告されていないことから安心して利用できる成分といえるでしょう。

トコフェロール酢酸エステル(酢酸トコフェロール)を含む主な育毛剤

無添加化粧品医薬部外品男性用無香料送料無料

セサミンなどヘルスケア通販に強い大手サントリーが販売するナノテクノロジーを使った育毛剤

ナノアクションDの詳細(公式)へ
医薬部外品男性用無香料返金保証

産学官の英知を結集。ナノテクノロジーの専門家が開発した”浸透力”と”持続力”にこだわった育毛剤

ナノインパクトプラス(NanoImpact+)の詳細(公式)へ

薄毛解消コラム