フィチン酸|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

フィチン酸

フィチン酸とは

ビタミンBの仲間であり、イノシトールにリン酸が結合することによって作られる成分。おもに米ぬかやトウモロコシから生成される。熱や酸に弱く、強力な排泄作用を持ち、毒素を体内から排出させる効果がある。

脳や心筋、骨格筋など体内の細胞に多く含まれており、細胞のエネルギーの原料であるリン酸を供給する役割がある。

強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑制する効果や血栓を防ぐ効果があることから、生活習慣病や癌の予防効果があるとして研究が進められている。

育毛剤としての効果

強力な抗酸化作用があることから、活性酸素による細胞の老化を防ぐ効果が期待できる。紫外線ダメージやストレスなどから細胞が酸化すると、肌のバリア機能が正常に働くなり頭皮トラブルが起こりやすくなるほか、細胞が変質したり劣化して新しい細胞も作り出されず老化してしまう。荒れがちな頭皮環境を整え、正常な細胞分裂を保つことで発毛を促進し、抜け毛を防ぐ効果がある。

また、血液循環を正常にする効果もあるため、毛乳頭に栄養を送り毛母細胞を活性化させることで発毛を促進し、抜け毛を防ぐ効果が期待できる。

成分の注意点

日頃から口にしている成分でもあり、安心して利用することができるといえるでしょう。

薄毛解消コラム