マロニエエキス|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

マロニエエキス

マロニエエキスとは

トチノキ科のセイヨウトチノキ(マロニエ)の果実や葉から抽出されたエキスです。

全国的に街路樹としてよく利用されており、東北とした東日本で多く目にすることができます。

肌の血行を促進してシワやたるみを改善して弾力をあたえたり、抗糖化・抗炎症作用くすみを防ぐ効果があるので、化粧品やシャンプー、入浴剤などに利用されています。

また、紫外線吸収作用や保湿効果もあることから、美白化粧品などにも配合されています。

育毛剤としての効果

血管、皮膚などに存在するコラーゲンやエラスチンが、糖と結び付いて糖化する現象(メイラード反応)を防ぐ抗糖化効果があります。

糖化によって頭皮が固くなるのを防ぎ、ハリ・弾力を与えて柔らかく保つことによって育毛成分が浸透しやすくなります。

さらに血行促進作用で毛乳頭に栄養がいきわたり、保湿効果や抗酸化作用によって育毛環境を整える効果があることから、頭皮を守りながら抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

成分の注意点

生のトチノキの実には、胃腸炎や眠気などを引き起こすエスクリンが含まれているため、食べられません。

しかし、トチノキの実自体には薬効があるため、エクスリン等の有害物質を取り除き医薬品としても使用されています。

育毛剤として利用する場合、特に問題なく使用できる成分です。

薄毛解消コラム