セリン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

セリン

セリンとは

セリンとは生体内で合成される非必須アミノ酸で、同じアミノ酸であるグリシンなどから作り出すことができる。絹糸に含まれるたんぱく質のセリシンから発見された。

保湿効果があるため化粧品に配合されるほか、脳の働きをサポートする働きがあり神経細胞の原料となる成分であるため、睡眠不足にも効果があるとされている。食品では牛乳や大豆製品、かつお節などに多く含まれる。

育毛剤としての効果

セリンは、肌の一番外側にある角質層に存在する天然保湿成分(NMF)に元々含まれる成分でもあり、頭皮の潤いを保ち乾燥を防ぐ効果がある。天然保湿成分とは角質細胞内の潤いを保つ成分のことをいい、主成分はアミノ酸である。

角質層を保護することで頭皮のバリア機能を高め、乾燥や外部刺激、細菌などから頭皮を守りフケや痒みを防ぐ効果があるといえる。頭皮の潤いを保つことで新陳代謝も良くなり、頭皮環境を正常な状態に近づける効果もある。

また、毛髪を構成している成分でもあり、パサつきを減らす効果があるため、切れ毛や抜け毛などを減らす効果も期待できる。

成分の注意点

たんぱく質から合成される天然の保湿成分であり頭皮にも存在する成分なことから、安心して利用できるといえる。

薄毛解消コラム