トレオニン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

トレオニン

トレオニンとは

トレオニンとは、人間のタンパク質を合成するアミノ酸のうち、体内で合成できない必須アミノ酸である。英語でthreonineと表記されるため、読み方の違いで「スレオニン」とも言われる。食品では鶏肉や卵、ゼラチンなどに多く含まれる。

新陳代謝を促進させる効果があることから、肝臓に脂肪が蓄積しないようにし、脂肪肝を予防する事で動脈硬化や生活習慣病を防ぐ効果もある。

また、角質層にある天然保湿成分(NMF)に含まれる成分でもあるため、肌の潤いを保ち肌のバリア機能を高める効果も期待できる。他にも髪を構成するケラチンの成分でもあるアミノ酸なので、潤いいる健康な髪を作るのにも役立つ。

育毛剤としての効果

頭皮の角質層にある天然保湿成分(NMF)を構成する成分であることから、頭皮の潤いを保ち乾燥を防ぐ効果があるといえる。

角質層を保護することで頭皮のバリア機能を高める、乾燥や外部刺激、細菌などから頭皮を守りフケや痒みを防ぐ効果がある。頭皮の潤いを保つことで新陳代謝を促進し、健康な髪が生えるための頭皮環境を整える効果も期待できる。

また、トレオニンは毛髪を構成するアミノ酸の1種でもあることから、髪にハリをあたえ潤いを保つ効果がある。健康な髪に保つことで、切れ毛や抜け毛を防ぐ。

成分の注意点

たんぱく質から合成される天然の保湿成分であり頭皮にも存在する成分であることから、、安心して利用できるといえる。

薄毛解消コラム