スクワラン|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

スクワラン

スクワランとは

海鮫の肝臓から採れる肝油や植物などに含まれる成分「スクワレン」に、水素添加させた無色の液体。人工のものはコストが高いためほとんど使用されておらず、ほとんどがサメ由来。

もととなるスクワレンは皮脂膜の成分であり肌を守る効果があるが、酸化しやすいのが難点。そのスクワレンに水素を添加することで酸化しにくくし、化粧品や工業用に利用しやすくしたものが「スクワラン」である。

人間の皮膚では、スクワレンの一部が自然とスクワランに変化しており、ともに皮脂膜を保湿し代謝を活発にするのに有効とされている。

保湿力を生かして化粧品などのスキンケア製品に配合される他、潤滑油として工業製品にも利用されている。

育毛剤としての効果

保湿効果があり、皮脂膜を健やかな状態にすることから頭皮を雑菌や乾燥から守る。

酸素を補給する効果もあり、代謝が促進され、細胞分裂が活発になるなど頭皮のアンチエイジング効果が期待できる。

また、浸透しやすい成分なため、他の育毛剤成分の浸透を助ける効果も持つ。

成分の注意点

人間の皮膚にも存在する成分なので、安心して利用する事ができる。

肌なじみがよく浸透しやすい成分であり、オイルなのに酸化にくい特性をもつので、頭皮に負担をかけずに使用できる。

薄毛解消コラム