アラニン(L-アラニン)|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

アラニン(L-アラニン)

アラニンとは

アラニンとは生体内で合成される非必須アミノ酸で、大きさはグリシンに次いで2番目に小さい。肝臓の機能を保護し、アルコールの分解を促進させる効果があるため、二日酔いに効果がある。また運動時にグルコースを分解してエネルギーを生成するため、持続的な運動をサポートする効果がある。

人間の体内にあるあらゆるタンパク質に含まれており、食品ではシジミやあさりなどの貝類やレバーなどに多く含まれる。アラニンは甘みを持ち、天然の食品添加物としても使用されるほか、保湿効果があるため化粧品にも配合されている。

また、前立腺肥大の治療薬としても利用されている成分である。

育毛剤としての効果

アラニンは元々肌の角質層に存在している天然保湿成分(NMF)であり、頭皮の潤いを保ち乾燥を防ぐ働きがある。

アラニンを補うことで角質層の保護力が強化され、頭皮のバリア機能を高めて乾燥や外部刺激、細菌などから頭皮を守り、フケや痒みを防ぐ効果がある。また、頭皮の潤いを保つことで新陳代謝も良くなり育毛の土壌を整える効果もある。

成分の注意点

たんぱく質から合成される天然の保湿成分であり、頭皮にも存在する成分なので安心して利用できるといえる。

薄毛解消コラム