クエン酸|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

クエン酸

クエン酸とは

柑橘類や梅干しなどに多く含まれる成分で、酸味のもととなる成分。

脂肪や糖分を効率よくエネルギーに分解するクエン酸回路を活性化させることで、疲労回復効果もあるとされ、スポーツドリンクやサプリメントにも配合されています。

酸性ですが、食すると体内でアルカリ性にかわるアルカリ性食品であり、体質改善効果もあります。

また活性酸素による酸化を防ぎ、細胞を元気に代謝を高めるアンチエイジング効果や、血液をさらさらにする血行促進効果もあります。

水アカや石鹸カスを溶かし、消臭効果もあるため、水回りの掃除や洗濯にも利用されます。

育毛剤としての効果

塗布する場合、アルカリ性に傾いている頭皮のpHを調整して本来の弱酸性に戻す効果があります。

また、菌の繁殖を抑える抗菌効果や、毛穴を引き締め頭皮のキメを整える効果もあります。

育毛効果はありませんが、酸化防止剤として、製品を安定させるために配合されることが多いです。

成分の注意点

食用もされている成分であり、生体内の代謝でに重要な役割をしている成分であり、安全性は非常に高い成分といえるでしょう。

濃度が濃い場合、古くなった角質を取り除くピーリング効果で人によっては負担がかかる場合がありますが、育毛剤に配合されている濃度では心配する必要はないでしょう。

薄毛解消コラム