頭皮の新陳代謝を活性化する育毛剤の成分|育毛剤徹底比較-薄毛対策研究所

頭皮の新陳代謝を活性化する育毛剤の成分

about-scalpactive

品質の良いものを作るためには、資金・設備・材料などが整っている必要があるだろう。

同じように、健康で美しいい髪を作り上げるには、栄養分や酸素、髪の土壌としての頭皮環境が整っていなければいけない。

目に見えるフケが出るような頭皮環境は薄毛の前兆

頭皮環境の良し悪しの目安の一つとして、頭皮のフケがある。

フケとは、身体の垢と同じように、頭皮の角質細胞の新陳代謝によって、古い頭皮が新しい頭皮に入れ替わる際に剥がれ落ちたもの。

そのため、フケは、頭皮の状態や男性女性、年齢問わず絶えず作り出されている当たり前のものだが、健康な頭皮から生まれるフケは目では見えないほど小さな大きさのため、気が付きにくい。

そのため、何かしらの理由で頭皮に異常が起こって、目に見えるほど大きな塊として剥がれ落ちる頭皮が、一般的にフケと呼ばれている

頭皮の新陳代謝悪化がフケの原因

剥がれた頭皮が目に見えるほど大きな塊になってしまう理由はなんだろうか。

フケが大きいというのは、新進代謝のサイクルが早くなるということだ。頭皮の新陳代謝が早くなると、正常な頭皮まで剥がれ落ちてしまうため、フケが大きくなる。

日焼けしすぎると、正常な皮膚まで刺激を受けて、目に見えるほど大きく皮膚がはがれるのと同じことだ。

一時的な場合、パーマやシャンプー、紫外線などの刺激によって頭皮が炎症を起こし、弱った頭皮を早めに入れるために角質細胞の新進代謝が高くなることでフケが多くなる。

それに対して慢性的な場合は、もともとの頭皮の質に加え、ホルモンバランスや生活習慣によって皮脂の分泌量や常在菌などの量が変化したりすることが原因と考えられている。

乾性フケと脂性フケ

フケの原因ごとに大きく分けて、「乾性フケ」「脂性フケ」の2つがある。

「乾性フケ」とは、乾いた状態の頭皮がぱらぱらと肩や首筋に落ちているようなフケで、洗浄力の強いシャンプーを使いすぎる、冬などに空気が乾燥して保湿力が低下する、アレルギーやアトピーなどの原因によって起こる。

それに対し、「脂性フケ」は、水っぽい、油っぽいというような湿った頭皮の塊で、手やブラシなどに白く付着しやすい粘性を持っているのが特徴。

原因は、皮脂量の増加、マラセチア菌の増殖などが考えられ、場合によって、脂漏性皮膚炎を引き起こしている場合もある。

新陳代謝やフケを抑える育毛剤の成分例

「乾性フケ」、「脂性フケ」のいずれも、薄毛の原因になるもので、「乾性フケ」が「ひこう性脱毛症」に、「脂性フケ」が「脂漏性脱毛」に影響があると考えられているため、育毛剤には、新陳代謝を正常化する成分が含まれていることが多い。

コガネバナから抽出したエキス「オウゴンエキス」「クロレラエキス」は代謝促進に効果、「パンテノール(パントテン酸)」はビタミンBのパントテン酸の誘導体で新陳代謝を活性化させる、「アデノシン三リン酸(ATP)」には、頭皮の細胞自体を活発にさせるといった効果があり、いずれも新陳代謝を正常化するために配合されている。

頭皮環境のために育毛剤以外で気を付けること

頭皮の新陳代謝は、体質的な部分も大きいが、食生活やシャンプーの方法、ストレスなど、生活習慣による場合も多い。

食事においては、ビタミンB2を多く含むレバーや卵、大豆、ビタミンB6などを含むマグロやレバー、豚肉、近年育毛要因として注目されているコラーゲンの生成を助けるビタミンCなどが重要になる。

生活習慣においては、「乾性フケ」、「脂性フケ」のどちらもシャンプーが重要で、低刺激のシャンプーを使い、洗髪はやさしく丁寧に、すすぎは念入りにすることで、頭皮の新陳代謝が大きく改善されるだろう。

薄毛解消コラム