キサンタンガム|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

キサンタンガム

キサンタンガムとは

とうもろこしやキャベツなどのデンプンを原料とし、微生物の発酵によって作られた多糖類を精製したものです。

化粧品やシャンプー、歯磨き粉などの増粘剤や安定剤といった添加物によく使われている成分です。

また、食用にも使用され、ゼリーやドレッシング、缶詰や加工品などあらゆるジャンルの食品の増粘安定剤として、とろみをつけるためなどの目的で添加されています。

水だけでなくあらゆるものによく溶けるうえに耐熱性があり、塩分濃度やpHに影響されず、少量でも高い粘性を保つことができることから、添加物としては非常に扱いやすい物質です。

育毛剤としての効果

主に製品の安定剤、乳化剤、保湿剤として配合されています。

直接の育毛効果はありませんが、育毛剤に粘性をもたせ、液ダレせずに頭皮に留まるようにすることで、有効成分の効果を高めます。

同時に、粘性により頭皮で保護膜のような働きをし、水分が蒸発するのを防ぐことで乾燥から守ります。

頭皮の潤いを保つことで頭皮のハリを保ち、フケや痒みを防ぎ頭皮トラブルを防ぐ効果が期待できます。

成分の注意点

もともと食品のデンプン由来の天然成分ですので、安全性は非常に高いです。

育毛剤で通常に使う分には、特に心配する必要はないでしょう。

薄毛解消コラム