セラミド2|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

セラミド2

セラミド2とは

セラミドとは、肌の角質層で細胞間のすき間を満たし、細胞どうしや水分・油分などをつなぎとめている成分。細胞が何層にも重なってている角質の細胞間脂質のうち、約半分の割合を占めている成分であり、肌を乾燥から守り、外部からの刺激を防ぐバリア機能を高める成分である。

セラミドにはいくつかの種類があり、セラミド2はN-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンと呼ばれる成分で高い保湿機能が特徴的な成分。セラミド2は、肌の2割程度を占める影響力の高い重要な成分であり、水分のバランスを保つ効果がある。髪にも含まれており、キューティクルを貼り合わせて髪の痛みを補修し、潤いのある健康的な髪にする役割をもつ。

育毛剤としての効果

頭皮の角質層に元来多く含まれている成分であり、潤いを保つ効果があることから、頭皮を乾燥から守り頭皮のバリア機能を高める効果があるといえる。フケ・痒みなどの頭皮トラブルも防ぐことができるほか、健康な髪が生えるための下地づくりに効果的といえる。

また、髪のダメージやパサつきを修復する効果もあることから、切れ毛・抜け毛を防ぐ効果も期待できる。

成分の注意点

細胞膜に存在する成分で、日常的に摂取している食品にも多く含まれている成分であることから、安全で安心して利用できる成分といえる。

ただし、ごく稀に食物由来のセラミドでアレルギー反応が出る場合や、合成セラミドが体質に合わない場合もあることから、アレルギーを持つ人は注意が必要。

薄毛解消コラム