香料|育毛剤徹底比較!薄毛対策研究所

香料

香料とは

香りは人間の心理状態やストレス・食欲などに深く関係しており、たくさんの刺激や情報となっている。香料のうち、食品に添加されるものを「フレーバー」、化粧品や洗剤などに添加されるものを「フレングラス」という。

香料は一般的に動植物など自然界に存在する「天然香料」と、化学物質などから人工的に作られる「合成香料」に分類される。

天然香料は、動物由来のものは現在では少なく、ほとんどは植物から得られる精油である。天然香料は非常に多くの芳香成分を含んでおり、香りに奥深さや厚みを与えることができる。天然由来なので生産量や価格、品質などが安定せず、合成香料より総じて価格が高いのが特徴。

合成香料は人為的に製造される香料で、主に化石燃料などから製造されるものを指す。合成香料の中でも植物由来の天然香料からある一成分のみを取り出したものを「単離香料」と呼ぶ。昔は合成香料は精製技術が低かったため色素沈着やレルギーなど副作用が報告されていたが、技術が向上した現在はそのリスクは小さくなってきている。

香料は、十中八九は単体ではなく複数の香料を調合しており、調香師によって目的やイメージに合った香りが作られている。

育毛剤としての効果

育毛剤に含まれている独特で癖のある原料の臭いを目立たなくさせ、使用時の不快感を軽減するほか、香りによってリラックス効果など心理的によい影響を与えるために利用される。

育毛・発毛効果はない。

成分の注意点

香料の中には、アレルギー、ホルモンバランスの乱れや感覚麻痺、発がん性が指摘されているものがあるため、注意が必要。

多くの原料を混ぜ合わせて香りを作っていても単純に「香料」の表記となっている事が多く、実態や詳細がわかりづらいのが難点だったが、現在は国際的機関によって厳しい安全性の調査も行われており、原因物質を取り除いた香料も開発されている。

薄毛解消コラム